ED(勃起不全)薬 バイアグラの効果・副作用について

バイアグラって何?効果的な服用方法について



EDで悩む成人男性は全体の25%(4人に1人)と言われています。
そんなEDも治療することで改善することができます。
ED治療で有名な医薬品と言えば”バイアグラ”です。
バイアグラ聞いてパッと思い浮かべるイメージと言えばED治療の他にも精力増強、勃起など色々ありますが、実際バイアグラにはどのような効果があるのでしょうか?
持続時間や効果的な服用方法など気になる点を解説していきます。

バイアグラは元々、狭心症のお薬

バイアグラは元々、狭心症のお薬

今では多くの男性が耳にしたことがあるバイアグラですが、それに含まれる有効成分”シルデナフィル”は元々、狭心症の薬として開発されていました。
臨床実験を重ねていくうちに、被験者のED(勃起不全)を改善する効果が発見されましたことが始まりになります。
EDの原因の多くは、血管が狭くなり血行促進を阻害され引き起ります。
バイアグラによって血管の拡張し血液の流れが増加、それにより勃起を促します。
※バイアグラは薬価基準未集積のため、保険適用外の医薬品に分類されます。そのため日本国内のどの医療機関でも自費診療になります。

バイアグラの効果とは


[バイアグラジェネリック]カベルタ(Caverta)50mg

バイアグラを服用することで勃起を抑制する酵素の働きを抑える効果によって勃起までの流れをスムーズにします。
多くの方が誤解されていますが、決して精力剤や媚薬ではありません
あくまでも”血流を改善し勃起を促すもの”です。
バイアグラを服用したからと言って”ずっと”また”必ず”勃起するわけではありません。
性的興奮を脳が感じることで勃起までの流れをスムーズにするということです。
そのため服用中、勃起し続けるすることはありませんのでご安心ください。
以上を踏まえたうえで、次に持続時間や効果的な服用方法などについて解説していきます。

次のページ「バイアグラの服用時に関しての知識」