233010fbdfe9628ba16b04d6d748523b_l

医学で解明!アイスクリームで頭がよくなる?


 

5月9日は「アイスクリームの日」

東京アイスクリーム協会が、

記念事業の際に諸施設へアイスクリームを配布して以降、

「アイスクリームの日」と呼ばれています。

そんなアイスクリームには

隠れた素晴らしい効果があるのを知ってますか?

アイスは脳にとても良い食べ物なんです!

今回はアイスクリームの素晴らしさを、

医学的に説明していきたいと思います。

 

医学的に証明されるアイスクリーム

杏林大学医学部・医学博士の古賀良彦教授が森永乳業と共同で、

「アイスを食べることで脳波に何らかの影響があるかを調べました」

実験の結果は、

「頭が休んでいる状態でアイスをとると、覚醒度が上がり、しかもリラックスさせてくれる」

「頭が積極的に活動している時にアイスをとると、脳の回転を速めてくれる」

とういう結論がでました。

 

さらに!

脳科学者である澤口俊之先生は、

脳を活発に働かせるためにはアイスを食べることで、

「冷たさ」「甘さ」「歯ごたえ」「香り」が、

脳に大きな効果をもたらすことが判明しているとお話しています。

そんな医学的にも認められるアイスの効果をまとめてみました。

 

アイスによって得られる効果

アイスクリームを一口大にして摂取した後に、

脳波を測定、周波数や情報処理速度、

さらに心理状態を見るVAS等によって実験すると、

以下の効果があることが判明しました。

・すっきりとした開放感

・ひらめきが冴え、頭の回転が速く

・イライラな時に効果がある

つまり、

仕事でなかなか作業がはかどらない。

集中力がでないなんて時にアイスクリームを食べることで、

高い効果を望むことができるんです!

 

この他のアイスクリームの効果とは?

・ダイエット効果

糖分の少ないアイスキャンディは、

身体の熱を上げる為にエネルギーを使いカロリーを消費します。

・朝の目覚めに最適

朝眠いときに冷えたアイスを食べることで目が覚め、

仕事の効率を上げることができます。

 

 

おわりに

忙しくて朝食もまともに食べる時間がないなんてこともあると思います。

そんなの体力が持つわけがありません。

アイスと脳の関係わかって頂けましたよね。

一度朝アイス試してみてはいかがでしょうか?

きっと朝からシャキッと仕事に励めるはずです!

でも、食べ過ぎ厳禁!お腹を壊しても知りませんよー!






出展元:
脳科学者・澤口俊之先生が語る―― ひらめきをもたらす 驚異のCST理論とは!?
朝にアイスを食べるとリラックスし、目覚め良くなり、頭の回転が早くなる……らしい
オトコラボ-OTOKOLAB-