daedec44f9adb45aa5f70e0598a8d3c6_l

不妊症の原因に繋がる淋病!正しい性病知識を身につけよう


 

パートナーと楽しいセックスライフを過ごすためには

性病に関しての知識も欠かせません。

日本で二番目に多い性病の「淋病」をご存知ですか?

放置すると不妊症の原因にもなりかねません。

誰しも性病になる可能性があります。

そんな時に正しい知識をつけていると

あなたにもパートナーにも不幸にならなくてすみます。

 

淋病

淋菌感染症のことで、淋菌の感染で起こる性病です。

症状

男性は女性と比べると症状がでやすく

主な症状としては

・ペニスにかゆみがある

・排尿時に痛みがある

・強い悪臭が出る

・尿道が狭まり、排尿しづらくなる

・尿に血がまじることがある

・前立腺炎や精巣上体炎になる可能性がある

※男性でも50%は自覚症状がないので注意が必要です。

 

 

感染について

感染の確率・潜伏期間

1度の性交渉で淋病が感染する確率は30%と言われています。

感染日から2、3日ほどで検査は可能ですが

潜伏期間は1週間~3週間程になります。

感染経路

淋病は性交渉だけでなくオーラルセックスにより咽頭感染します。

※咽頭感染の場合は症状に気づきにくいです。

淋菌は感染力が弱く2時間程度で感染力を失いますが、

公共施設の風呂、プール、トイレなどでも、

感染する可能性はあるので注意しましょう。

治療法

淋病に関しては抗生剤の与薬によるものです。

淋病に感染するとクラミジアにも感染していることが多い為、

併用の治療になることがあります。

一度完治すると再感染しない限り淋病は再発しませんのでご安心を。

※発見が遅いと治療が困難になる場合もあります。

 

おわりに

性病になったからと言ってすぐにパートナーを疑うことはやめましょう。

それよりも今後どうするか、

お互いに考えることがとても大事だと思います。

放置は不妊症の原因にもなるため、

医療機関での早めの受診をお勧めします。

最近では定期的に医療機関で診断する人も増えてきているため、

念のためにいってみるものいいかもしれません。

 







出展元:淋菌(淋病)とは?

オトコラボ-OTOKOLAB-