526c90c6622ab42dd1e290b10f851a00_l

「Seem(シーム)」スマホで簡単に精子・精液の状態を自分で調べる


 

現在、5組に1組が不妊症と言われており、大きな問題になっています。

以前では不妊症は女性が主導となり治療を行っていましたが、

現在では48%が男性側に原因があると判明しており、

男性の積極的な不妊症への対応と理解が必要になっています。

男性の精子検査キットや、

精子増量のためのサプリが販売されていますが、

知らない方も多いと思います。

そんな中、株式会社リクルートライフスタイルが

4月12日に興味深いサービスの発表を行いました。

その名も「Seem(シーム)」です。

こちらはスマートフォンで、

自分の精子(精液)の濃度と運動率が簡単にチェックできるというもの。

不妊症への意識や行動を促すことを目的として開発されたものですね。

この記事を通して男性が不妊症への関心を持っていただけたらと思います。

※2016年4月末より東京都内・近郊の一部のクリニック、薬局にて期間限定で500個(5,000円)限定でテスト販売

※専用のiPhoneアプリが必要

※精液簡易チェックツールであり、医療機器ではないため測定結果は医療機関の診断に変わるものではないです。必要に応じて医療機関を受診することをおすすめしています。

 

ということで、

今回は販売前のSeem(シーム)をオトコラボ目線でレビューします。

 

Seem(シーム)の魅力

抵抗なく使える

自分で手軽に精子の状態を確認することができるために、

男性の泌尿器科やパートナーと女性クリニックへ行き、

精液検査をすると言った抵抗や手間を、

自分で行うことで解決することができます。

 

リーズナブル

値段も5,000円(税抜き)

非常にリーズナブルなことも魅力の1つとなっています。

 

キット概要

・スマートフォン用の顕微鏡

・精液採取用カップ

・採取棒

 

使い方が簡単

~使い方~

1精液を採取

2採取した精液1滴を顕微鏡にのせる

3専用のiPhoneアプリを起動して動画を撮影

4動画で精子の濃度と運動率を自分で確認

とても誰でも簡単に使える仕様となっています。

 

正確な販売場所や時期

2016年4月25日時点でSeem(シーム)はテスト段階であるため、

販売元の発表はされておらず、

株式会社リクルートライフスタイルで近々発表を予定している。

 

デメリット

医療機器ではないために測定結果が確実なものではない。

確実な結果を求めている人はやはり医療機関の受診が、

必要不可欠ではないかな?といった印象を受けました。

 

 

おわりに

テスト販売ということで都内近郊500個限定での販売となりますが、

反響次第ではSeem(シーム)が全国で展開され、

不妊治療への意識を促進してくれそうですね。

パートナーに任せきりになるのではなく、

男性である僕らも積極的になり、

不妊症の問題への意識を考えさせられるものではないでしょうか?

※Seem(シーム)を医療機器ではないため必要に応じて医療機関への受診をオススメします。

次回はSeem(シーム)についての体験レビューをしていきますのでお楽しみに。

 






出展元:スマホで精子の濃度と運動率が測れるサービス『Seem(シーム)』を開始

オトコラボ