b2fe6ca52e75b3932615de90d979aeb3_l

美容師も認める正しいシャンプーのやり方


 

毎日の何気ないお風呂で髪の毛を洗うときどうしてますか?

何も気にせず、

お湯を出して、

シャンプーを直接つけて、

パパッと洗ってハイ!おしまい!

なんてことになってませんか?

それってしっかり頭皮の汚れが落ちていますか?

今回は美容師も認める正しいシャンプーのやり方を身に着けて清潔な頭皮を手に入れましょう。

 

正しいシャンプーのやり方

1.髪の手グシでとかす

髪がもつれたままシャンプーをすると、

うまく汚れが落ちないので一度手グシでいいのでとかしましょう。

 

2.お湯の温度は38℃~40℃がベスト

お湯は暑すぎると頭皮に負担を与えてしまったり、

必要な皮脂を落としてしまうこともあるために

38℃~40℃を目安にしましょう。

 

3.まずはお湯で汚れを流す

髪に付いた汚れのほとんどはお湯で洗い流すことができます。

さらに一度地肌を濡らしておかないとシャンプーが泡立ちづらいため、

ゴシゴシ頭皮を洗って傷つける原因になります。

 

4.シャンプーは泡立てる

シャンプーを地肌に直接つけると頭皮への刺激になったり、

頭皮全体にシャンプーが行きわたらずに洗い残しがでて、

頭皮がかゆくなるといった原因になります。

シャンプーを手に取り、てのひらで軽く泡立てることを意識しましょう。

 

5.泡を地肌に付ける

お湯だけでも髪の毛の汚れは落ちています。

シャンプーで重要なのは頭皮の汚れを落とすことなので泡立てたシャンプーを地肌につけていきます。

そのとき、ボリュームの多い後頭部などは少し意識して洗っていきましょう。

 

6.頭皮はマッサージするイメージ

頭皮を洗うときに指の腹を使いマッサージするイメージで洗っていきます。

わしづかみするように頭皮をつかみ円をかくように洗ったり、

ジグザグな動きもいれ、毛穴をキレイにすると結構が良くなり健康な髪が育ちやすくなります。

 

7.しっかりとそそぐ

頭皮にシャワーを当てて地肌からしっかりと流します。

このときすすぎ残しがないように注意しましょう。

頭皮をマッサージするイメージを忘れないように。

 

8.タオルで十分に水分をとり、かわかす

最後はしっかりとタオルで水分をとり髪を乾かしていきます。

ドライヤーは髪に近づきすぎないでください、頭皮も髪の毛も熱に弱いためです。

 

 

おわりに

清潔にこだわりすぎるために、

1日に2、3回もシャンプーすればいいってものでもありません。

むしろ洗い過ぎは頭皮に必要な皮脂を落としてしまうだけでなく、

皮脂が過剰に分泌することもあるためにオススメできません。

少し面倒に感じるかもしれませんが、慣れればそんなこと大丈夫。

むしろ髪のためですし頑張りましょう。







出展元:STEP1 ヘアケアの第一歩はここから

オトコラボ-OTOKOLAB-