合コン必勝法!お酒で悪酔いしないための裏ワザ講座!

合コン必勝法!お酒で悪酔いしないための裏ワザ講座!


「かんぱーい!」
皆さんの中には、よく飲み会に参加したりとお酒を飲む機会が多い人もいるはずです。
楽しく飲める分には何の問題もないけれど、人によってはお酒に強い人、弱い人いますよね?
お酒での失敗談はよく聞きますが、聞いてる分には笑い話ですが、実際に自分のエピソードなら話は別です。
今回は、そんなお酒での失敗を避けるためにできる裏ワザの紹介です!
合コンの席の場とかにも役立っちゃいますよ!

お酒を飲んで強くなるは嘘!?

お酒を飲んで強くなるは嘘!?

「鍛えることでお酒に強くなる」って聞いたことありませんか?
僕も昔はこれを信じていました。
でも、実はこれってウソなんです。
お酒の”強い”、”弱い”は遺伝子によって決められます。
なぜ遺伝子で決まってしまうのかを解説する前に、お酒に強いとはどういうことかをお話します。
摂取したお酒(アルコール)が身体の中で分解されたときにアセトアルデヒドという物質が生まれます。
このアセトアルデヒドが二日酔いや吐き気といったお酒で失敗した人にとってはお馴染みの作用をもたらします。
そんな物質を分解する役割を持つのがアセトアルデヒド脱水素酵素と呼ばれるものです。
こちらの活性が強ければ、お酒を呑んでもなかなかつぶれない、いわゆる”お酒に強いタイプ”ですね。
もうすでに気づいた人もいるかもしれないですが、遺伝子でお酒に強い、弱いが決まるというのは、遺伝子によって”アセトアルデヒド脱水素酵素”の活性が強いのか弱いのかということです。
そのため、どう頑張ったって、もともとお酒が弱い人が努力しても強くなることはないんです。

強くなれたのは飲み方を覚えたから

強くなれたのは飲み方を覚えたから

しかしながら、「僕は頑張ってお酒に強くなれたよ?」なんて人も中にはいるかもしれません。
決してアセトアルデヒド脱水素酵素が鍛えられたわけではなく、むしろお酒の飲み方を覚えたのが理由ではないでしょうか?
自分が酔わないだけのペース配分や、得意なお酒の飲み方を覚えることである程度はお酒の弱さをカバーすることができます。

それでは、こちらを踏まえたうえで、飲み会でも酔っぱらわない裏ワザを紹介していきたいと思います。

お酒で悪酔いしないための裏ワザまとめ

お酒で悪酔いしないための裏ワザまとめ

飲酒の前後に牛乳(乳製品)を飲む

これはかなり有名なんじゃないでしょうか。
牛乳をはじめとした乳製品全般に含まれる乳酸菌には腸内の環境を整え、消化を助ける役割やお酒による肝機能の低下を防ぐ効果があります。
そのため、お酒による悪酔いを避けることができるんですね。
酔いやすい人は、飲酒前、そして飲酒後に飲むことをオススメします。

乳製品一覧:牛乳、チーズ、ヨーグルト、味噌、サプリメント(乳酸菌を摂取できるもの)

バターを丸かじりするとお酒に酔わない!?

飲酒前にできる対策として効果が高いと言われているのが”脂肪分”を取ることです。
ヨーロッパの地中海などでは、二日酔い予防として伝統的な習慣になるほど効果的な方法なんです。
脂肪分にはアルコールを胃で吸収するのを防いでくれるので、腸での吸収速度が劇的に抑制されます。
でも、さすがに飲酒前にバターを丸かじりなんて少し厳しいですよね。
そんな時は、ドレッシングにも脂肪分が多く含まれているため、お酒の席でサラダを食べるといった方法がオススメになります。

脂肪分一覧:ドレッシング、オリーブオイル、バター、ナッツ、マーガリン

カテキン(緑茶)でアルコールを分解

意外なことに、実はお茶も効果的なんです。
緑茶などに含まれる”カテキン”には体内でアルコールの吸収を阻害する効果があります。
そのため、大事な飲み会や合コン前にコンビニで緑茶を買って飲むだけでも効果テキメンなんです。
お茶であれば、飲み会でコッソリ注文もできますし、かなりお手軽な裏ワザではないでしょうか。
ただし、抹茶や煎茶にはカテキンが微量しか含まれていないので、チョイスするお茶には注意が必要です。

カテキンの一覧:緑茶、りんご、カカオ、ぶどう、いちご

栄養ドリンク

コンビニで売っている栄養ドリンクでの酔い止め対策。
ド定番ではありますが、いまいちどれを飲むのが「一番効率が良いのかな?」と思ったことはありませんか?
オススメはしじみが多く含まれている”味の素「ノ・ミカタ」210円”が筆者は一番押しています。
しじみにはアセトアルデヒドの分解する効果あり、そんなしじみが多量に含まれていることや、ジュースのような飲みやすさがオススメの理由です。
他にも。「ウコンの力」、「ヘパリーゼ」など色々なドリンクがありますが、どれも飲酒後の効果が高い印象なので、事前対策という意味でのオススメは「ノ・ミカタ」ですね。

悪酔いする危険な方法とは?

悪酔いする危険な方法とは?

飲み会や、合コンでお酒に酔わない裏ワザをご紹介してきましたが、逆にお酒の時にやってはいけないことってあるんでしょうか?

空腹状態でいきなりお酒を呑み始める

「今日は飲み会だからお腹空かせてから行っちゃおう!」なんて空腹状態で居酒屋に向かい「かんぱ~い!」の合図でお酒を呑み始める。
よくある光景ではありますが、これって実は酔いやすいんです。
お腹の空いた状態いで、お酒を呑むと通常時に比べてアルコールの吸収率が高くなります。
そのため、普段より早く酔いがまわってしまい、気づいたらベロベロになっているなんてことになりかねません。
ダイエットをしている人なんかは、お酒は飲むけど食事はしないってパターンもよくあります。
そんな時はサラダなどでもいいので少しでも空腹を満たす工夫をするといいですよ。

スポーツドリンクとお酒を”混ぜるな危険!”

スポーツドリンクとお酒を割る人ってたまにいるんですよね。
でも、これって実は危なかったりするんです。
スポーツドリンクはもともと、運動時に失われた、水分や塩分、ミネラル等を素早く補給するために作られたものです。
そのため、飲み会でお酒を飲んでいる時に併用して飲むと、通常よりもアルコールが素早く吸収されてしまうんです。
知らずに飲んでいる人は気を付けてみてください。
ちなみに、お酒を呑み終わった後はアルコールの作用で脱水状態になるため、飲み会終わりであれば、実はスポーツドリンクはとても優秀な飲み物でもあります。

まとめ

  • お酒の強い、弱いは遺伝で決まる
  • 強くなるには”飲み方を覚える”しかない
  • 酔わない為には飲酒前後が勝負のかけどころ

オトコラボ-OTOKOLAB-

出展元:二日酔い予防・防止は飲む前からお酒に強い人、弱い人