今さらだけど【AGA】って何?原因は遺伝なの?


AGAが発症する原因

AGAが発症する原因は大きく分けて下記の2通りと考えられています。

遺伝

遺伝

ドイツのボン大学の調査によると、若い男性の薄毛はX染色体にある男性ホルモン(アンドロゲン)の受容体遺伝子に変異があることを発見しました。
遺伝子変異のため頭皮でアンドロゲンの働きが強まって、髪の毛が抜けやすくなると考えられています。
男性はX染色体を母親から受け継ぐために、母方の祖父が薄毛の場合、遺伝で薄毛の可能性があると言われている。
つまり”母親の方のおじいちゃんが薄毛の場合、遺伝的にAGAになりやすい”と考えられます。

男性ホルモンの増加

男性ホルモンの増加

寝不足や栄養不足といった日常生活の不摂生が原因で男性ホルモンが増加します。
男性ホルモンに含まれるテストステロンは5αリダクターゼという還元酵素の働きにより、ジヒドロテストステロンというホルモンへ変化します。
このホルモンが髪の成長を抑制、ヘアサイクルの異常になり、髪が成長する前に抜け、細い毛が多くなることから薄毛が目立つようになります。

AGA薬を病院で処方してもらう


AGAは病気のため発症すると、食事での栄養補給、運動によるストレス解消、育毛剤といった日常生活の改善をしても効果がないことが多いです。
その場合、厚生労働省で認可された「プロペシア」「ミノキシジル」といった飲み薬や塗り薬がAGA治療には必要不可欠になります。
これらは皮膚科や専門の病院、個人輸入で簡単に手に入れることができます。

医師による無料カウンセリングで安心

医師による無料カウンセリングで安心

AGAは一度発症すると完治が非常に難しい為、早い段階から治療をすることが重要になります。
また、ご自身の薄毛の原因が本当にAGAなのか不安だ!といった場合は専門の病院へカウンセリングに行ってみましょう。
多くの病院で無料カウンセリングを実施しており、医師のもとでAGA改善のための方法を教えてもらえるため損はないです。

オトコラボ -OTOKOLAB-

出展元:AGAとは薄毛の原因!AGAとは?