コロナ後の安全なセックスについて、各機関がガイダンスを発表

性病

コロナ禍でのセックスの安全性について考える

これまでオトコラボでは、風俗を利用してみるなど、コロナ禍でのセックスの安全性に関する調査を行ってきました。お店の安全対策や、店員や利用者が個人で気を付けるなどしてある程度対策できるということでしたが、実際にセックスでコロナは感染するんでしょうか?


いまのところ、セックスで感染することは証明されていないようです。
ただ、唾液や便から新型コロナウィルスが検出されているため、プレイ内容によっては感染してしまう可能性があるわけです。
生殖器同士の接触ではなく、キスや肛門などから感染する可能性があるのです。

ニューヨーク市保健局などがガイダンスを発表

コロナ禍でのセックスの安全性について幾つかの機関からガイダンスが発表されています。中でも代表的なものがコロナが蔓延したニューヨーク市の保健局から出されたものです。

Safer Sex and COVID-19

出典:ニューヨーク市保健局「Safer Sex and COVID-19 – NYC.gov」

安全なセックスとコロナ。と訳すことのできるこのガイダンス。今回の記事で知りたいことが書いてありそうな期待できるタイトルです。

ガイダンスの内容を要約すると?

ガイダンス中で最も推奨されている方法。それはマスターベーション、電話やオンラインを介したセックス。とあり全く期待外れな内容となっています。要はパートナーと会わなければ良い。と。そもそもこれはセックスなのか?と疑問が浮かんできます。推奨度は下がりますが、相手と実際に会う場合については、

・パートナーを限定する(不特定多数の相手と関係を持たない。また同居している相手を推奨)
・発熱や咳などの症状のある相手とセックスをしない

と、これまたコロナ対策としてはもはや常識的な内容となっています。行政の出したものですし、こんなものかな?と諦めつつ読み進めていくと。。。

パートナーと会うのはNG?

推奨されるプレイ内容

パートナーを限定したり症状の無い相手であれば比較的安全ということですが、実際にセックスをする時、どういったことに注意すれば良いのか?という点にも言及されています。

・よく手を洗ってから開始する
・コンドームを使用する
・マスクを着け、キスは避ける
・顔同士が近付かないよう体位などを工夫する
・オーラル、肛門などは避ける

最初に述べた、唾液や便からの感染の可能性を下げるためと思われるものがほとんどですね。オーラルや肛門によほどこだわりの無いノーマルな性癖であれば、それほどハードルは高くない内容だと感じます。マスクに抵抗を感じる方もいるかもしれませんが、パートナーのマスク姿も意外とアリに感じることもあるかもしれません。「マスク美人」という言葉もあるくらいですからね。

コロナ禍で大きく見直さなければならないと思われるセックスについて。今回は発表されたガイダンスは驚くような内容ではなく比較的常識的な内容となっていますが、
特に不特定多数の相手との関係を避けるという部分は、コロナだけではなく他の性病など感染症のリスクを下げるという意味で効果が期待できますし、浮気や不倫をされている方は一度現状の自分を見つめ直す機会として、コロナ禍でのセックスを考えることは想像以上に意味のあることになるのではないか。と考えます。

タイトルとURLをコピーしました