対策しないと嫌われる?梅雨の時期のあの”臭い”

ニオイ

あの、嫌~な臭いの正体とは?

今年も梅雨入りが発表されましたね。
梅雨の時期などで雨が続くと、外に洗濯物を干すことができず、部屋干しが多くなってしまいます。屋根のあるベランダや軒下など、外に干せる場合もありますが、どちらにしろ干していた服から嫌~な臭いがしたことありませんか?お気に入りの服が臭くなってしまうのはかなりテンション下がりますよね。
これは、長時間服が濡れていたことで「モラクセラ菌」が増殖し、その”フン”が悪臭を放つからです。こうして聞くと、「モラクセラ菌」はとても悪い菌なのかと思われがちですが、人の口内や部屋中いたるところにいる常在菌で、増殖して臭くなる以外は特に悪さはしません。
この嫌~な臭い。一般的には「生乾き臭」と言われていますが、この時期になると、自分自身気を付けていても、生活のいろいろな場面で臭ってきます。体臭や、不潔が原因でもないのに臭いのはキツいですよね…
オトコラボスタッフにも、ほぼ年中臭わせている男がいるんですが、本人はあまり気になっていないようで。鼻の効く私はいつも苦しい思いをしています。一度臭うようになってしまうと、洗濯してもなかなか取れないのが生乾き臭。完全に取り除く方法はあるんでしょうか?

部屋干しして帰ってきたら…洗濯物が湿っていたこと。よくあります…。

生乾き臭を予防するには?

モラクセラ菌は、湿度が高く、20~25℃の環境が約5時間ほど続くと活発になり繁殖しはじめます。
洗濯が終わってから5時間が臭くなるかならないかの勝負といえるでしょう。それでは、生乾き臭を予防するのに具体的にどんなことをしたら良いのでしょうか。

1.たくさんの洗濯物を一度に洗わない
 モラクセラ菌は、洗濯物に付いた皮脂汚れを養分として増殖します。たくさんの洗濯物を一度に洗った場合、充分に洗い切れず汚れが残ってしまうことがあります。汚れが残ったまま放置したり干してしまうと、そこにモラクセラ菌が増殖する原因となってしまいます。

2.洗剤はじゅうぶんにすすぐ
 皮脂汚れ同様、洗濯物に残った洗剤もモラクセラ菌の養分となってしまいます。洗濯物を入れすぎたりして洗剤が一か所に固まってしまう場合や、洗剤の入れすぎに注意しましょう。洗濯後、追加ですすぎを行うことをおすすめします。

3.洗濯後、5時間以内に乾燥させる
 モラクセラ菌が多湿な環境で活発化するまでの約5時間。この間に洗濯物を乾燥できれば問題ありませんが、梅雨の時期などは干すだけでは不可能です。そんな時は乾燥機を使うなどして早めに乾燥させましょう。ドラム式の乾燥機では衣類が傷んでしまう可能性があるので、衣類の乾燥機能のある布団乾燥機や、浴室の乾燥機能などを使うことをおすすめします。
干す場合は、生地が重なり合って通気性が悪くならないよう、干し方を工夫することも重要です。例えば、Tシャツの脇の部分などはハンガーで干していると通気性が悪く、乾きにくい場所と言えます。

こんなに天日干しで通気性が良ければすぐに乾くのに…

臭ってしまったらどうすれば良い?

洗濯物を干して出かけたら雨が降ってきてしまい、帰ってきて取り込んだら生乾き臭が…こんな経験あるかと思います。
気に入りの服を着て出かけてもあの嫌~な臭いが漂ってくると…。気が滅入りますよね。一度臭くなってしまうと、洗濯しても臭いが取れません。臭くなってしまった服から臭いを取るにはどうしたらよいのでしょうか?

1.高温で殺菌する
 モラクセラ菌は60度以上の高温を加えることで殺菌できます。ただ、殺菌できても臭いの元である”フン”が残っていると臭ってしまうので、アイロンなどで高温を当てた後に洗濯しましょう。
また、乾燥機を使うと効果的です。それでも充分でない場合は、60度以上のお湯に浸け置きすることで充分な効果を期待できます。
よく、梅雨が明けて天日干しすることで日光で殺菌できるという意見を聞きますが、これで殺菌というのは間違いで、天日干しすることで乾燥を早め、モラクセラ菌の増殖を防止しているに過ぎないのです。

2.漂白剤などで殺菌する
 洗濯用の漂白剤など、殺菌効果のある薬剤を使ことでもモラクセラ菌を殺菌することができますが、衣類を傷めてしまう場合や、素材によっては使えないこともあるのであまりおすすめはできませんが、殺菌する衣類によって、高温による殺菌と使い分けるのが良いかと思います。

状況に応じて漂白剤などを使うのもアリです。
洗濯機内に濡れた洗濯物を絶対放置してはいけません。

モラクセラ菌の特徴を知って、的確に対応する

ここまで読んでいただければ、生乾き臭の原因と、その対処法をご理解いただけたかと思います。この時期は洗濯物を乾燥させるのにお困りかとは思いますが、コインランドリーを駆使するなどしてモラクセラ菌の増殖を抑えましょう。

タイトルとURLをコピーしました