【青ヒゲがスッキリ解消】病院のレーザー脱毛とは?

【青ヒゲがスッキリ解消】病院のレーザー脱毛とは?


毎朝、ヒゲを剃ったはずが、”うっすら青く残る”といった悩みありませんか?
青ヒゲの男性にハッキリとお伝えします。
「青ヒゲはモテません
その理由は、女性は男性ホルモンが強すぎる男性を嫌う傾向があり、そのため男性ホルモンの強さを連想させる青髭も好印象ではないようです。
しかし逆に考えてください、青髭で悩んでいる方は青髭を薄くするだけで確実に今よりはモテるようになるって発想になりませんか?
もうこれは悩んでる暇ありません。今すぐ脱毛に行くしかありません。
今回は脱毛の中でも特にヒゲ脱毛に適している「レーザー脱毛」をご紹介します。

5人に1人は脱毛男子の時代

5人に1人は脱毛男子の時代

医療機関で行われた調査では、2015年にレーザー脱毛をする男性は人口の5人に1人です。
かなり多いですよね。
今ではレーザー脱毛ができる施設は多く存在しますが、その中でも、”医療機関で行う「レーザー脱毛」”、”専門の脱毛サロンで行われる「レーザー脱毛」”、どちらも同じレーザー脱毛でしょ?
違いなんてそんなにないと思うけど・・・、と困惑する方も多いようですが、はっきり言ってかなり違います!
では医療機関で行うレーザー脱毛とはどんなものなのでしょうか?
詳しく説明していきます。

病院で行う「レーザー脱毛」

医療機関で行う「レーザー脱毛」

医療機関で行われるレーザー脱毛は、医療行為となっています。
そのため、専門の脱毛サロンで使用されるレーザー脱毛機器と異なり、医療従事者(この場合、医師や看護師)のみが使用を許されています。
なぜ医療従事者しか使用できないのかという最大の理由は、通常で使用されている脱毛機器と比較すると、レーザーが高出力であることが言えます。
高出力なレーザーにより毛根そのものを破壊するため、1度処理すると永久脱毛の状態になります。
では医療機関で行われる医療レーザー脱毛、メリット、デメリットはどのようなものなのでしょうか?
専門のサロンと比較しながら解説していきます!

病院 VS 専門サロン

脱毛というと病院と専門サロンで施術ができますが、果たしてどちらがオススメなのでしょうか?
カンタンにまとめたものがコチラです!

脱毛データ

※以上はヒゲ脱毛全体の平均金額、回数となります。クリニックやサロンによって値段や効果に差はあります。

病院で行うレーザー脱毛のメリット

病院で行うレーザー脱毛のメリット

上記の表からわかるように、医療機関のメリットとしては以下が挙げられます。

  • 安全性が高く、万が一のアフターケアも対応できる
  • 永久脱毛が受けられる
  • 施述時間、施述に通う回数が少ない

医療機関での脱毛のため、万が一にも肌にトラブルが起こらないよう、施術前に診断、術後のアフターケア等がメリットに入ってきます。

病院で行うレーザー脱毛のデメリット

病院で行うレーザー脱毛のデメリット

医療機関で行うレーザー脱毛のデメリットは以下の通りです。

  • 高出力のため痛みがある
  • 費用が高い

高出力の光を使う脱毛のため痛みが伴うケースが多いです。
しかし多くの医療機関で麻酔クリームを使っているため、こちらはあまりデメリットと言えないかもしれません。
また、1回1回の費用は高いですが、サロンで何回も通った総額と比べると、早く終わる医療脱毛のほうがトータルでお得になるケースも十分あり得ます。

まとめ

病院とサロンでのレーザー脱毛の違いは下記の通りです。

  • 脱毛サロン・・・痛みが弱く、ゆっくり脱毛を考える方向け
  • 医療機関の脱毛・・・とにかく早く終わらせてモテたい人向け

費用は医療機関での脱毛がやや高くなってしまいますが、初回料金や、モニター価格で安くなったりしているので、安く済ませることも可能です。
また、一度脱毛が終われば、再度通い直す必要がないので、長期的に見るとオススメですね。

専門の脱毛サロンが行うレーザー脱毛の詳細はこちら
>>脱毛サロンのレーザー脱毛ってどうなの?

オトコラボ -OTOKOLAB-

出典元:レーザー脱毛と光脱毛の違いとは?、中央クリニック