今、ムケていても将来包茎になってしまうかも?「加齢性包茎」の恐怖

ペニスの悩み

「今はムケている」「昔手術したので大丈夫だ」

包茎について、こんなふうに思っている人いませんか?もちろん、今現在ムケているのであればそれに越したことはありません。

成長とともに自然とムケた人。包茎手術をしてムケている人。それぞれですが、今問題なくムケていても、将来包茎になってしまうかもしれません。実際に高齢の方が包茎手術を受けるケースは少なくなく、昔はムケていたのに包茎になってしまったこというケースが多いようです。このような包茎の症状のことを「加齢性包茎」といいます。

「加齢性包茎」とは?

加齢とともに包茎の症状が表れてしまうことを指します。加齢性包茎、または老人性包茎と呼ばれていますが、40代からこの症状が表れてしまう人もいるようです。

年齢を重ねることで細胞組織が収縮してしまうことが要因として挙げられており、仮性包茎、真性包茎、カントン包茎は包茎の症状としてポピュラーなものですが、実は加齢性包茎の患者数も多く、60代の5人に1人が加齢性包茎になっているとも言われています。また仮性包茎の症状が悪化してしまうこともあるようです。

 

加齢性包茎になってしまう2つの原因

加齢性包茎になってしまう原因は2つあります。

・体重増加

まず、加齢による新陳代謝の衰えなどから来る体重増加。これによって下腹部に脂肪がついてしまい、この中にペニスが埋まってしまうことで皮が余ってしまい、亀頭に被さってきます。また、加齢によって皮膚が垂れてしまうことでペニスが埋まってしまうことも原因になります。

・精力の衰え

加齢により精力が衰えることも原因です。精力が衰えてしまうと、ペニスの細胞が委縮してしまいます。ペニス自体が短くなってしまうことで皮が余ってしまうというわけです。

これら2つの要因が加齢性包茎を引き起こすと言われており、誰にでも起こりうる可能性があります。

 

加齢性包茎。治療、改善がなぜ必要なのか?

高齢になればセックスの機会も少ないので包茎でも問題ないのでは?という意見もありますが、人はいつか介護を必要とする時が来てしまいます。その時自分の子供やヘルパーさんなどに下半身を見せなければならない時もあるでしょう。

これだけでも耐えがたいと感じてしまう人もいるかと思いますが、さらに包茎だったら。昔はペニスに自信があったプライドの高い方には大きな屈辱ではないでしょうか。

泌尿器科や男性専門のクリニックなどを訪れる高齢者の中には、こういった深刻な悩みを抱え、手遅れになる前に治療してほしいという人もいます。

 

加齢性包茎にも有効な治療法があります

ペニスが脂肪や皮の中に埋まってしまう。

ペニスの長さが短くなってしまう。

これらが原因で起こってしまう加齢性包茎。たとえば、仮性包茎であれば余った包皮を切り取る手術をすることで治療することが出来ますが、加齢とともに短くなり、埋まってしまったペニスに有効な治療法なんてあるのだろうか?と考える人は少なくありません。

まずは、体重増加と精力の衰えを改善するために生活習慣の改善することが大切です。適度な運動をすることで運動不足の解消と血行促進につながります。また、食生活を見直してみるのも良いでしょう。特に精力を増強する食材は積極的に摂ることをおすすめします。精力剤や精力サプリを試してみるのも良いと思います。

包茎治療には、余った皮を切り取るだけでなくペニス自体を長くすることで亀頭を露出させる「長茎術」という方法があります。体内に埋まっているペニスの根元を引出すというもので、加齢性包茎の治療には最適と言えます。

実際にペニスの長さが長くなるため、サイズを気にしている人。また、皮を切るわけではないので、手術で切りたくない人にもおすすめな方法と言えます。

将来、加齢性包茎になってしまっても治療法はあるようなので一応安心とは言えますが、すでに包茎の方は加齢で悪化してしまう前に治療を受けてみるのも良いかもしれませんね。

発毛して精力が上がるとの噂!AGA治療に“アレ”が大活躍?

目次大きく発展を遂げた薄毛治療 実際に発毛しても、幾つか気になる報告も…。 安心して誰でも使える薬は無いの?薄毛治療に欠かせない血行促進と”アミノ酸”ケラチンを形成するアミノ酸 大きく発展を遂げた薄毛治療 発毛と聞くと、 […]

対策しないと嫌われる?梅雨の時期のあの”臭い”

目次あの、嫌~な臭いの正体とは?生乾き臭を予防するには?臭ってしまったらどうすれば良い?モラクセラ菌の特徴を知って、的確に対応する あの、嫌~な臭いの正体とは? 今年も梅雨入りが発表されましたね。 梅雨の時期などで雨が続 […]

タイトルとURLをコピーしました