あなたは本当に大丈夫?いまさら聞けない包茎事情


多くの日本人男性を悩ませる「包茎」

3人に1人。もしくは3人に2人は包茎であるとも言われています。
また、若者から高齢者まで、包茎の悩みは年齢関係なく深刻なようで、セックスに関することは勿論ですが、温泉やサウナなどで同性に見られるのが恥ずかしいなど、多岐に渡ります。そのため包茎専門的に治療する技術やクリニックなども非常にたくさんあります。
では、いわゆる「包茎」とは一体どんな状態を指すのでしょうか?
「自分はムケている!」と思っているあなたも、実は包茎だったりするかもしれません。

「包茎」の症状とは?軽度なものから重度なものまで徹底解説

「包茎」と聞くと単に「ムケていない」状態を指すと思われがちですが、実際はこの限りではありません。
医学的には、包茎は3つのタイプに分類されます。

1.仮性包茎

平常時、勃起時どちらも容易に皮を剥くことが出来ます。また、痛みはほとんどありません。仮性包茎の程度は人それぞれで、すっぽり被ってしまっている状態、半分くらい被っている状態などさまざまです。仮性包茎は日常生活に支障はありませんが、普段から皮が被っている為、不衛生になりやすく臭いや汚れが溜まりやすい状態でもあります。
仮性包茎は軽度な包茎の症状といえます。日常生活に特に支障も無いので、治療をしなくてもよいという考え方もできます。
しかし勃起時以外は包皮が亀頭を覆っている状態なので、亀頭部分が敏感となり、刺激に耐えることができず早く射精してしまったり、不衛生なため性病の原因になったりするなど深刻なケースもあります。
また、仮性包茎は軽度なため、自分が包茎だと自覚していない方が以外にも多かったりします。

2.カントン包茎

包皮の先端部分が狭く、この狭い部分が亀頭や陰茎を圧迫する状態で、勃起時に剥こうとすると辛い痛みを伴います。
カントン包茎は平常時は亀頭を覆っている包皮を剥くことができますが、包皮の先端が狭い為、勃起時は亀頭を露出することが困難になってしまいます。無理に剥こうとした場合亀頭が血流障害を起こし、包皮が戻らないままになってしまうなど危険な状態に陥ることもあります。
こうなってしまうと緊急手術が必要になります。放置した場合、亀頭へ血液が回らずうっ血し、亀頭が壊死してしまう可能性があります。
このようにカントン包茎は非常に危険な状態と言えますし、一般的には早期の治療が望ましいと考えられています。

3.真性包茎

全くムケていない状態です。
平常時も勃起時も亀頭が包皮に覆われている状態で、包皮と亀頭が癒着してしまい剥くことが全くできない状態をいいます。
元々、包皮と亀頭は癒着している状態ですが、身体の成長が著しい中学から高校生くらいの間に自然と剥がれていくものです。しかし人によっては20代になっても癒着が剥がれない場合があります。成長期を過ぎても、包皮と亀頭の癒着が剥がれていない方が真性包茎と診断されることがあります。
真性包茎は常に包皮が亀頭に被っていてめくれないため不衛生な状態となり、これが長年続くと色々な病気を誘発する恐れがあります。真性包茎の方は亀頭包皮炎・陰茎ガンなど男性自身が病気になるケースや、亀頭が包皮に覆われている不潔な状態で感染症などになっている際の性行為は、相手の女性の不妊症の原因や子宮頸がんを引き起こすとも言われています。
こちらも重度の症状です。カントン包茎同様、早期に治療することが望ましいです。

 

たくさんの危険が潜んでいる?包茎をすぐに治療しないといけない理由

あなたは、3つのどれかの包茎の症状に当てはまっていましたか?もし、どれかに当てはまっていた場合、危険な状態と言えます。

1.不衛生になり、病気などの温床となってしまう。

普段から皮が被っている為、不衛生になりやすく臭いや汚れが溜まりやすくそこから性病などになってしまう場合があります。これは軽度な仮性包茎でも起こる可能性があります。

2.早漏、短小になりやすい。

普段亀頭が包皮に覆われているため刺激を受けていないため、少しの刺激にも非常に敏感になっています。このため早漏になりやすく、また、亀頭や陰茎の成長を包皮が邪魔している状態のため、ペニスが細く短くなってしまいます。

3.あなたの周囲の人(パートナーや家族など)に迷惑がかかってしまう。

これは1で述べた衛生面に関わることですが、不衛生から来る病気などが周囲へ感染してしまうといったケースです。セックスは勿論、入浴や洗濯などで感染してしまう場合もあります。あなた自身だけではなく周囲の人たちを危険に晒してしまう可能性があるのです。

包茎治療って実際どうなの?最新の包茎治療とは?

「包茎手術」「切除する」など、ちょっと怖い感じもしますが、最新の包茎治療技術は私たちの想像を超えているようです。
まず、切除するためのメスは、ナイフのような刃物ではなく、超音波やレーザーを用いたもので、切ると同時に止血まで出来てしまうとか。
また、傷跡の縫合も美容外科で使用されている傷跡の残りにくい糸を使用しているようで、これらは包茎専門のクリニックでは一般的なものだそうです。さらに、包茎手術に要する時間は早くて30分ほど。かなり気軽に受けられるようです。
こうして、最新の包茎治療、包茎手術について知ることで、治療を受けることに対してかなりハードルが下がったのではないでしょうか?
この記事だけでは判断できないと言う方も、ほとんどの包茎専門クリニックが無料でカウンセリングを行っているそうなので、一度カウンセリングだけでも受けてみてはいかがでしょうか。
今後、オトコラボおすすめの包茎専門クリニックや、その選び方など紹介する予定ですので、そちらもチェックしてみてください。