天然のED治療薬と呼ばれる!?噂の「ボロホ」とは?


「ボロホ」という名前の果物をご存知だろうか?

 

数年前に”天然のED治療薬”として日本でも話題になっていた南米原産のいわゆるスーパーフルーツである。

ここでいうED治療薬とは、お気づきの方もいると思われるが、某有名お笑いタレントが服用して病院送りに。また、某有名サスペンス俳優が所持、使用したことで妻から「バィアグラ100㎎男」などと呼ばれ話題になっていたことが記憶に新しい。あの超有名なED治療薬の事である。
そんなED治療薬の効果が天然!しかも果物から摂取できるということなので、話題になるのも無理は無い。
しかも天然由来なので危険性も低いと良いことづくめなのである。

ある意味平成最大の発見!?偶然見つかった「ボロホ」と「増大」の関係

「ボロホ」の原産は、南米のアマゾン地帯。古代から自生していた「ボロホ」を長寿の秘薬として用いてきたメキシコ原住民「チナンテカ族」。「ボロホ」に含まれる強壮成分により、疲れが取れ集中力が増すなど、エナジードリンクに近いものとして親しまれ、チナンテカ族のみならず南米ではポピュラーな果物として出回っていたようである。
しかし、近年この「ボロホ」と「チナンテカ族」について驚くべき発見がされたのである。
「チナンテカ族」の男たちが総じて「巨根」だったというのだ。
これについては幾つかの研究機関が解明に乗り出し、元々強壮成分があり、古代から彼らが摂取している「ボロホ」に白羽の矢が立ったのである。

ついに判明した「ボロホ」驚きの成分とペニスにもたらす効能!!

分析の結果、「ボロホ」と「チナンテカ族」が「巨根」であったことを結びつける驚きの成分が判明する。
「ボロホ」の主な成分として挙げられるのが、スーパーアミノ酸と呼ばれるアルギニンとシトルリン。人体では生成されない必須アミノ酸の中でも特に重要なものである。昨今の滋養強壮剤やエナジードリンクにもこれらの成分が含まれているものが増えてきているが、「ボロホ」はこれらの含有量が多く、また、これらのアミノ酸には「型」というものが存在し、「L型」でなければ人体に取り込まれても効果を一切発揮しない。
ボロホに含まれるのL型のアミノ酸。L-アルギニンやL-シトルリンなどで、古代から長寿の秘薬として用いられるのも納得である。その他、男性には特に重要なミネラルやビタミンB群などを豊富に含んでおり、これらの相乗効果が「成長ホルモン」の分泌を促進。「チナンテカ族」の男たちが「巨根」であったことの理由が、これでなんとなく見えてきたのではないだろうか?
滋養強壮の「絶倫」効果と、ペニスを育てる「増大」効果。世の男性が追い求める二つの効果を秘めた。文字通りスーパーフルーツと言える。

「ボロホ」の成分を日本でも手軽に摂取できる!?

「絶倫」に「増大」と男性ならば誰もが飛びつきたくなるような効能を誇る「ボロホ」。その果肉はグロテスクかつ食べにくい事もあり、我々日本人にはなかなか摂取し辛いようだ。
数年前に話題になった際に、それ程のブームにならなかったのもこの影響が大きいらしい。
こんなに素晴らしい成分なのに、簡単に摂取できないのは非常に勿体なく残念なことである。
果実をそのまま入手して摂取するのは大変なことであるが、購入しやすく、また、摂取しやすいようにボロホを配合したサプリメントとして販売されているものがあるようだ。
その中から、気になったものを幾つかご紹介したい。

・ヴィトックス(vitox)
国内で代表的な増大サプリメントとして、最もポピュラーなものではないだろうか?
ボロホが入っているようだが、あくまで成分のうちの一つといった扱いのようだ。

・グロスリンα(grothline α)
アルギニンとシトルリンといったアミノ酸に強く。また100種類の成分がウリのようだ。
こちらも、ボロホは入っているが、特化はしていない模様。

・リンゼット マキシマム・エディション(linzet maximum edition)
今年から新発売となった増大系サプリ。新しいアプローチでの増大するとのことだが、目を引くのはボロホに特化しているという点である。
ここまで書いてきた「ボロホ」の効果を確かめるのであれば、このサプリメントが一番適しているのではないかと思われる。