早漏の原因は包茎だった!どうしたら治せるの?

早漏の原因は包茎だった!どうしたら治せるの?



ある調査では男性のセックスに対する最大の悩みは「早漏」についての問題でした。
「もっと楽しみたい」「もっとたくさんしたい」と感じる男性は世の中に多くいます。
女性だって男性が早くイってしまうことに不満を感じているみたいです。
実は早漏の原因が包茎ってご存知でしたか?
今回は早漏の原因と改善法や治療法について解説していきます。

早漏の原因は包茎だった

なぜ早漏が原因が包茎と言われているのでしょうか。
大きく3つの要因が考えられます。

包茎で刺激に弱くなる

包茎で刺激に弱くなる

早漏の大きな原因は包茎です。
亀頭の表面は多くの神経が密集した粘膜で構成されています。
神経が密集した箇所は刺激にとても敏感です。
包茎でない人は、「下着が擦れた時の刺激」、「入浴時の熱による刺激」と常に外部から刺激を与えられているため徐々に”亀頭が刺激に慣れます”。
そのため、セックスの刺激に長時間耐えることができ、射精のタイミングを自身である程度コントロールすることができます
それとは逆に包茎の男性は亀頭が常に包皮に覆われており、刺激に対して圧倒的に耐性が弱いです。
そのためセックスで膣の刺激に耐えることができず、射精のタイミングをコントロールすることができないので、結果として早いタイミングで射精してしまうことが早漏の原因となります。

包茎では女性がイけない

包茎では女性がイけない

包茎は皮が余っている状態です。
勃起時の余った皮では、女性に十分な刺激(気持ちいい)を与えることがなかなか出来ません。
そのため、「女性が満足できない」「女性がイくまでに時間がかかる」といった問題が発生します。
その間にも男性側はペニスに刺激を受けて、先に射精してしまいます。
すると、女性よりも早く射精した男性のことを「早漏」だと感じてします。
これが早漏の原因とされています。

カントン包茎・真性包茎は遅漏になる可能性も

カントン包茎・真性包茎は遅漏になる可能性も

早漏の原因が包茎という話は上記ですでに解説しましたが、包茎の男性が全て早漏というわけではありません。
逆に遅漏(射精のタイミングがとても長いこと)になる可能性もあります。
特にカントン包茎や真性包茎といった症状の男性は、勃起時も亀頭が包皮に覆われている状態なので、刺激に十分に感じることができません。
そのため、射精まで通常よりも長い時間が必要になります。

次のページ「早漏克服のために包茎治療する」