彼女が「妊娠したかも!」と告げられた時のスムーズな男の対応とは?

彼女に「妊娠したかも!」と告げられた時のスマートな男の対応とは?


もしも、あなたがお付き合いしている彼女から突然「生理がこないの・・・」と言われたら、男としてどういった対応をしますか?
妊娠、結婚、責任、親への挨拶、中絶費用などなど、考えることが山ほどあってパニックになるのが実際のところではないでしょうか。
今回は付き合っている女性に「妊娠したかも」と言われた時にするべき適切な対応についてお話していきたいと思います。

まずは彼女の不安を取り除くことから

まずは彼女の不安を取り除くことから
突然、彼女から「妊娠したかもしれない!」なんて告げられれば男性は、誰だってひるんでしまうものです。
でも、その場で一番不安で仕方ないのは彼女自身のはずです。
もしも産むことにしても、相手が認知しなければ全責任を負うしかないですし、仮に中絶することになったら自分の身体を傷つけるわけですから、男性が考える以上に精神的に追い詰められた状況になっていると思われます。
そのため、「俺はどうすればいいんだ!」と色々考える前に、一旦冷静になり、まずは彼女の身体を気遣ってあげましょう。
「正直に言ってくれてありがとう。一緒に病院に行こう」
「結果が出るまで何とも言えないけど、不安にならないで?一緒にいるから」など、彼女が安心できる言葉を出来るかぎりかけてあげましょう。
そんな間にも女性側は見捨てられないかといった不安からパニックになり、「産んでやる!」とその場の勢い任せの、脅迫にも似たヒステリック状態になる可能性もあります。
なので、まずは彼女の不安を取り除き、1番の良き相談相手になってあげる準備をしておきましょう。

本当に妊娠しているのかを確認

本当に妊娠しているのかを確認

その時の体調や、ホルモンバランスの乱れ、また精神的なストレスで生理が遅れること(生理不順)は女性では決して珍しいことではありません。
”妊娠したかもしれない”という不安が、逆にストレスの引き金になり、余計に生理を遅らせる結果にもなりかねません。
取り急ぎ、妊娠検査薬、もしくは産婦人科へ行きしっかりとした状態を把握することをオススメします。

検査を後回しにすると大変なことに・・・

検査を後回しにすると大変なことに・・・

妊娠を受け止めるのって勇気がいりますよね。
だからといって、検査もせずに先延ばしにすると、とても大変なことになります。
なぜなら仮に中絶をすることになったとにき、時間が経てばたつほど、女性の身体には大きな負担がかかるためです。
また、中絶費用も時間経過とともに高くなったり、ある一定の周期を超えたタイミングでは法律上中絶が出来なくなることもあります。
そのため、妊娠発覚は早ければ早いほど、そのあとの決断がしやすくなります。

彼女の妊娠が確定したらどうする?

検査結果が”陽性”(妊娠している)と判明!実はそこからどうするのかが非常に大事です。
将来も考えないで、勢いだけで「産んで欲しい!」と言ってしまう前に、色々な可能性を考えてみましょう。

認知して育てる、結婚する場合

認知して育てる、結婚する場合

彼女の妊娠が発覚した場合、自分が父親と認知して、子育てをする、その後、結婚と安易に決めてしまう人は非常に多いです。
経済的に問題なければその選択肢が一番正しいと思っています。
しかし、子供1人にかかる教育費っていくらかご存知でしょうか。
例えば、子供1人を大学まで行かせるとなると、最低でも2,000万円はかかるそうです。
そのくらい一生をかけて彼女にも子供にも責任を持って養えるのかどうか、今一度、しっかり考えたうえで決断をしましょう。

認知はするが育てない場合

認知はするが育てない場合

”認知はしても結婚はしない”そんな選択肢があるもの事実です。
その場合、必要なものは”養育費”です。
養育費は父親と母親の年収によって決まります。
例えば、お互いの年収が300万円だとすると、2~4万円の養育費を月々支払うことになります。
一回払えば終わる手切れ金とはまったく違います。

中絶手術をする場合

中絶手術をする場合

”経済的に考えて育てていくのは難しい”という場合には、中絶手術しかありません。
先程、お話した通り、中絶するのは早いほど身体、費用ともに負担が少なくなります。
なので、「中絶費用が貯まるまで待って!」といった先延ばしは決してやめてください。
周りの知人にしっかり理由を話してお金を借りてでも手術をすることをオススメします。
辛いのは生まれるはずだった子供であることを忘れてはいけません。

妊娠しないために出来ること

今回は妊娠したときに対応をメインにお話させて頂きました。
”一番良いことは望んで妊娠すること”これは変わりません。
しかし、悲しいことに必ずしも望まれるわけではありません。
そうならないためにも、事前に何かできることはないのでしょうか。

コンドームを使って避妊

コンドームを使って避妊

絶対に忘れてはいけないのがセックスのときに行う”避妊具”です。
男性側は女性を守るという意味でもコンドームをしっかり付けて楽しんでほしいです。

セックス後の緊急対策としてアフターピル


ノルパック アフターピル&アイキャン 妊娠検査キット

セックスのときに避妊に失敗した!そう感じた時に行うことが出来る”緊急避妊薬”です。
エッチ後、72時間以内に服用することで妊娠の心配をほぼ100%減らしてしまうことができます。
こちらは、産婦人科や個人輸入のみで購入することができます。
また、セックス後にすぐに服用しないと効果がないため、事前に持っているとよりスムーズです。
アフターピルについて詳細はこちら

まとめ

  • 妊娠はお互いにとって人生を左右する出来事
  • 安易な決断はお互いにとって不幸になることも
  • 男性として、スムーズな対応が女性のためでもある
  • 事前に知識をつけておくことで、いざという時に対応できる

オトコラボ-OTOKOLAB-