【失敗談!】コンドームを使ったのに避妊失敗!?正しい付け方知ってる?

【失敗談!】コンドームを使ったのに避妊失敗!?正しい付け方知ってる?



先日オトコラボ宛にこのようなメールを頂きました。

”セックスの時は必ず避妊するようにしているのですが、先日彼女から妊娠したと告げられてしまいました。なぜ、妊娠してしまったのでしょうか?質問者(男性/20代/大学生)”

恐らく避妊に失敗した原因は「コンドーム」です。
コンドームの装着に失敗したという相談メールをよく頂きます。
私としても「これ以上、避妊の失敗をしてほしくない!」
そこで今回は頂いたメールなどからコンドームの失敗事例をまとめ、紹介をしていきたいと思います。
他人の失敗から学んでいきましょう。
まさに「人の振り見て我(輪)が振り直せ」ですね。

コンドームの付け方で避妊率が低下

コンドームの付け方で避妊率が低下

海外で行われたコンドームの避妊率に関する実験では、1年間特定のカップルにコンドームを使用してもらいました。
その実験結果によると避妊の失敗率は18%だったことが判明しました。
なぜ、こんなにも避妊に失敗してしまったのでしょうか?
それは、コンドームの”正しい使い方”を知らないことが原因だと考えられます。
正しい使い方を説明する前に、まずコンドームでの失敗例を紹介していきます。

コンドームで避妊に失敗するケース

失敗談① コンドームが破ける

失敗談① コンドームが破ける

失敗談で特に多いのがこちらの避妊失敗のケースです。
女性の長い爪や男性の雑な扱いでコンドームが付ける途中で破れてしまい、気づかないまま挿入からの射精。
また、挿入時の激しいピストン運動に耐えられなくなったコンドームが破損といったこともあります。
もちろん、ある程度の耐久性は備わっていますが、市販品の多くは厚さ1mm以下の薄さであるため十分に理解して扱わないといけません。

失敗談② コンドームの中から精液が出てくる

失敗談② コンドームの中から精液が出てくる

セックスの後、余韻に浸っている時に起こる避妊失敗のケースです。
射精後にペニスが縮み、緩んだコンドームの中から精子がこぼれ出てしまいます。
お楽しみの後なのでゆっくり事後の雰囲気を楽しみたい気持ちも十分に理解できますが、射精後は膣からすぐにペニスを抜くことを忘れないでください。

事例③ 誤った付け方でコンドームが外れる

誤った付け方でコンドームが外れる

  • 皮がかぶった状態のままの装着
  • コンドームの裏表を逆にしての装着
  • 根元までしっかり装着できていない

間違ったコンドームの付け方が招いた結果の避妊失敗のケースですね。
付け方を間違えたため、挿入途中や、激しいピストン運動でコンドームが外れてしまい、気づかずに、そのまま射精したため起こってしまいます。
正しく付けることを忘れてはいけませんね。

その他の失敗談

その他の失敗談

  • ローションが原因でゴムが劣化して破ける
  • 陰毛を巻き込んで装着してセックスの途中で破ける
  • 射精の直前だけつける
  • 使用期限の切れたコンドームで劣化していた

以上が、避妊に失敗する主なケースになります。
それでは次に間違ったコンドームの使い方のまとめと正しい使い方についてまとめます。

次のページ「間違ったコンドームの使い方」