オナニーをヤリ過ぎはハゲたり、セックスでイケなくなる!どうしたらいいの?

オナニーをヤリ過ぎはハゲたり、セックスでイケなくなる!何回がベストなの?



男性の皆さんは週に何回オナニーしていますか?
1週間の平均での自慰行為の頻度は2、3回とオトコラボ調査で判明しました。
オナニーは適度に行うことでストレス発散や健康と様々な良い効果があります。
しかし、何事もヤリ過ぎは悪影響を起こします。
それは”薄毛”や”セックスでイケない”、さらには”死ぬ”可能性だってあるんです。
本日はオナニーのヤリ過ぎることでどんなことが起こるのかについて解説していきたいと思います。

オナニーのメリット!健康維持に効果的!

自慰行為をすることで一体どんなメリットがあるのでしょうか?

生殖機能の向上(早漏改善も)

生殖機能の向上(早漏改善も)

歳を取ると全身の筋肉が低下します。
もちろんペニスも同じく筋肉が衰えてきます。
どころが、適度に自慰行為をすることで、下半身やペニス自体の体質強化に結び付かせることができます。
これにより、勃起不全や失尿禁防止の効果を得ることができます。
また、普段のオナニーに少し工夫するだけで早漏対策のトレーニングもすることができるため、結果として射精までの時間を伸ばすこともできます。

前立腺ガン予防

前立腺ガン予防

オーストラリアで行われた研究より、オナニーをすることで前立腺ガンの発症率を低く、予防することが判明しています。
オナニーをすることで前立腺の中に溜まった精子を排出し、前立腺の新陳代謝を良くします。
これらはホルモンバランスを活性化させることができるため、がん予防になると考えられているためです。

長生きができる

長生きができる

ホルモン療法の研究では、オナニーはコルチゾール(うつ病の原因にもなる)に対して、免疫力が強化されます。
これは体内でテストステロンを生成することができ、健康を保ち、長生きすることができると考えられています。

次のページ「オナニーのヤリ過ぎデメリット」