20代から始める若ハゲ・薄毛対策。これ以上つむじを広げない為にできること

【20代の20%が薄毛】あなたは大丈夫?早めに始める若ハゲ対策について



”若ハゲ”って聞いたことありますか?
最近では若ハゲの増加によって男性も薄毛という言葉をより耳にすることが増えているじゃないかと思います。
青春時代にハゲているって考えただけでもゾッとしますよね。
でも、薄毛はとつぜんにやってきます。
皆さんがハゲないために、20代から始める薄毛対策についてお話させて頂きます。

若ハゲとは?

若ハゲとは?

以前は薄毛の原因に加齢が大きく関係していると考えられていました。
しかし、若ハゲはそんな年齢に全く関係なく、20代、30代の若い年齢の男性の”抜け毛が増える”、”薄毛が進行する”状態を指しています。
若ハゲは一体何歳までの薄毛かという明確な定義はありませんが、おそらく30代前半までの男性の薄毛は若ハゲと呼んでもいいのではないかと思います。
それでは次になぜ若ハゲになるのか?原因について解説していきます。

若ハゲの原因

若年層の薄毛の主な原因は大きく4つに分類できます。

遺伝

遺伝

薄毛には遺伝が関係してきます。
遺伝的にもともと男性ホルモンが多かったり、生活習慣、食事の好みといった、家庭独自の習慣がAGA(男性型脱毛症)と呼ばれれる薄毛を誘発する原因となります。

ワックスの使い過ぎ

ワックスの使い過ぎ

刺激の強いシャンプー、紫外線は頭皮への刺激になります。
また、パーマやカラー剤、ワックス(整髪料)は毛穴を詰まらせる原因となり、そんな事を続けることで頭皮や髪へ相当な負担になり、髪の成長を邪魔します。
それらが積み重なることで薄毛が進行してしまいます。

ファーストフードの食べ過ぎ

ファーストフードの食べ過ぎ

現代人は栄養の偏った食生活を送っています。
髪の毛は亜鉛やタンパク質といった栄養を元に元気に成長します。
そのため揚げ物だったりコンビニ飯ばかりを続けることで、髪に必要な栄養を十分に送ることができず、抜け毛が徐々に増えていくことになります。(薄毛になりやすい食生活はこちら

ストレスやタバコ

ストレスやタバコ

会社や学校、飲み付き合いなどストレスを感じてはいませんか?
ストレスが貯まると血行不良になり、血液が頭皮にしっかり行き届かないため、栄養を頭皮や髪に送ることができません。
これを放置すると、発毛せず、薄毛の原因にもなります。
また極度のストレスは円形脱毛症の原因としても考えられています。
血行不良の原因は、その他にもタバコや運動不足、肥満体質でも起こります。

以上が”若ハゲ”となる4つの原因となります。
当てはまる男性は薄毛が進行する可能性があるため十分に注意が必要です。

次のページ「20代から始める若ハゲ対策」