098dad7a887b9365c59049f78e98efc2_l

【精力剤に必ず入っている成分】アルギニンの効果と副作用について


ペニスを大きくしたい!と考える男性にとって増大法は気になる内容の1つだと思います。
今回は増大サプリなどでよく使われている成分「アルギニン」についてその効果や副作用、アルギニンが含まれる食材などをまとめて解説していきます。

アルギニンとは?

0319fbc25c801c1f4281f5216c19ef5d_s

アルギニンとは、体内で生成されるアミノ酸の1つです。
アミノ酸の種類は20種類もあると言われています。
そんなアミノ酸を2つに分けると「必須アミノ酸(体内で作れないもの)」、「非必須アミノ酸(体内で作れるもの)」があり、その中でもアルギニンは非必須アミノ酸に分類されます。
※乳幼児や子供は体内でアルギニンを作ることができません。
そんなアミノ酸が体内で難しく絡み合い「タンパク質」となります。
そのため、アルギニンが不足するだけでタンパク質を作ることが難しくなり、下記のようなことが起こることがあります。

  • 病気に対しての抵抗力が不足
  • アンモニアの解毒が不十分になる
  • 傷の治りが遅くなる
  • 男性不妊の原因
  • 筋肉の弱体化

アルギニンの効果は?

6a77f4caf89a57ce193515b7c2a440ad_s

では、アルギニンを摂取する事に寄って、

どんな効果があるのか見てみましょう。

精力増強、勃起力向上

アルギニンは一酸化窒素の生成を強力にサポートする事ができます。

この一酸化窒素とは、勃起をもたらす物質の

「環状グアノシン-リン酸」とゆう物質を活性化させるものです。

更に、血液の流れを良くする効果もある為、

勃起力の向上にとても役立ちます。

 免疫力の向上

アルギニンは白血球の働きを促進する作用があるため、

免疫力が向上します。

ペニスの増大

アルギニンは成長ホルモンの分泌を促進させる作用があります。

ぺニスの9割を作る「海綿体」とゆう細胞を育てる為には、

成長ホルモンが必須で、その成長ホルモンの分泌を促す事により、

ペニスの増大に繋がる訳です。

 

アルギニンの副作用は?

0fa7e06a2ab1f2dc8f4f2e24c890e75b_s

アルギニンは強アルカリな為、大量に摂取し過ぎると、

体調に寄っては胃痛や下痢を引き起こしてしまいます。

また、ヘルペス等のウィルスを持っている人が摂取すると、

そのウィルスを更に育ててしまう恐れがあると言われています。

 

アルギニンはどうやって摂取する?

8c76c4354c9d0d0b947dc8f51e5d774c_s

アルギニンはサプリメントで摂るとゆう印象が強いですが、

様々な食材にも含まれています。

・大豆類

・肉類

・魚介類

以上の様に普段の生活で摂取しやすい食材に多く含まれています。

肉類であれば豚ゼラチンに多く含まれており、

魚介類であればエビやマグロに多く含まれています。

アルギニンをまだ生成出来ない子供の好きな食べ物にも良く使われる食材なので、

普段の食卓にも少し意識して作ってみてはどうでしょうか。

 

アルギニンと増大

2feb18fff993999c7c286f3531408607_s

精力増強やペニスの増大にはアルギニンが必要不可欠とゆう事はお話ししましたが、

アルギニンだけでは少し心許ないとゆう話をここでさせて頂きます。

ペニスの増大をうたっている精力増強剤には、

勿論アルギニンも含まれていますが、

それ以外ではシトルリンも有名ですね。

どちらも精力増強には切っても切れない関係なのですが、

この精力増強剤にも2種類あり、

ただ単に勃起力をメインにする物なのか、

ペニスの増大をメインにする物なのかとゆう事です。

主に精力増強剤を必要とする方の多くが「勃起力不足」の方です。

この「勃起力不足」の方々は、

だいたいが循環器系や血液の病気の気がある生活習慣病の人達です。

その為、ペニス増大に必要とされる動物性のアミノ酸成分が少なめになっています。

ペニスの増大をメインに考えるのであれば、アルギニンは勿論、

動物性のアミノ酸の多く含まれている精力増強剤を探してみましょう。

価格も普通の精力増強剤と変わりません。

 

おわりに

以上の様にアルギニンは病気に強い健康な体を作る他、

男性の悩みでもある増大にも強く繋がりのある成分です。

無理なく適度な摂取を心がけて、男性自身の自信に繋げること間違いなしです。

オトコラボ-OTOKOLAB-

参照元:アルギニンの効果と副作用