eb44168728b11daf762652f4cc2c2913_l

ウコンの効果・効能とは?


 

「飲む前にウコンドリンク!」と今では誰もが知っているウコン。

今回はそのウコンの更なる効果等、

他にも知って欲しいウコンについてを説明致します。

 

ウコンとはいったい?

aa347e0a2a969a6e8f720d0c25a55fb4_s

ウコンの原産は、

インドで紀元前からインドで栽培されていたと言われています。

現在の日本でのウコンの産地は沖縄ですが、

平安時代に中国から琉球にウコンが伝わったそうです。

ウコンと一概に言っても、

春にピンクの花を咲かせる春ウコン(キョウオウ)、

秋に白い花を咲かせる秋ウコン(ウコン)、

ガシュツ(紫ウコン)の3つに分かれています。

ウコンがお酒に良いとされているのは、

クルクミンを多く含む秋ウコンが肝臓の妙薬とされ、

弱った肝臓の働きを回復させるといったことからでしょう。

 

効果・効能

0a997b62e25bef1eeb9f7ff89d5596a4_s

ウコンに含まれる多くの成分により、

様々な効果があると言われています。

含まれている成分と効果を照らし合わせて紹介します。

 クルクミン

肝機能強化

二日酔い

 クルクメン

抗癌作用の活性

尿道結石や動脈硬化に有効

 シオネール

利胆作用

健胃、殺菌、防腐効果

アズレン

炎症や潰瘍を治す作用

カンファー

強心作用

 

3つのウコンの中でもクルクミンが多く含まれているのが、

秋ウコンですので、

皆さんがご存知のウコンは秋ウコンであると言う事がわかります。

 

副作用

5f357fb7a5c757d62d7245208d19177d_s

ウコンは沢山の成分が入っており、

健康的と思われがちですが、摂取のし過ぎによる、

肝臓の脂肪変性や薬剤性肝障害など、

肝機能への影響が多く報告されています。

 

摂取量

a80ba4ccec481e15507b7d67397425e5_s

先にも話した通り過度な摂取は、

肝機能に大きな影響を与えてしまいます。

ドリンクやサプリメントを飲む方は、

必ず記載されている1日の摂取量を守りましょう。

また、

肝機能に障害がある方

肝硬変や胆石のある方

妊娠、授乳中の方

胃潰瘍や十二指腸潰瘍を患っている方

上記の方は、医師に相談する事をお勧めします。

 

おわりに

今では何処のコンビニにも置かれているウコンドリンク。

お酒の前や後に飲んで助かったとゆう方も多くいる事でしょう。

ですが中々効かないからと言って過度に飲みすぎると、

逆に体に悪影響を及ぼすといった事が分かったと思います。

容量さえ間違わなければ、健康飲料としては勿論、

美肌効果もあると言われています。

適量の摂取を心がけて、ウコンと良い付き合いをしていきましょう。

オトコラボ-OTOKOLAB-

参照元:ウコンとは?