薄毛の原因によって予防や対策は異なる!

ハゲを治すならまずは原因を知る!原因と対策について



“髪・抜け毛・薄毛・ハゲ”といった言葉を耳にすると、反応する男性は決して少なくはないはず。
それもそのはず、多くの男性は髪に関しての悩みを抱えているからです。
日本人男性の薄毛率はアジアでもトップクラスです。
「最近、抜け毛が増えた」「将来ハゲないか不安」抱える悩みは様々ですが、こんな不安から解消されるためにも、まずは薄毛の原因を知っていきましょう。

ハゲる原因を知る理由

ハゲる原因を知る理由

「ハゲ治療、対策=育毛剤、サプリメント」と簡単に考えていませんか?
薄毛の原因はその人によって個人差があり、治療方法もそれによって変わってきます。
そのため、他の男性が育毛剤で効果があったとしても、自分も効果があるわけではありません。
効果がない程度であれば、まだ安心ですが、間違った治療によって抜け毛が悪化する可能性も十分にあります。
そのため、まずはご自身の薄毛の原因を知ることで、自分に一番適した薄毛対策を考えることができ、そこから適切なに治療、改善をしていくことができます。
それでは薄毛の原因について解説していきます。

4つのハゲる原因

薄毛の原因と考えられる要素を4つの項目にまとめました。

栄養不足ハゲ

栄養不足ハゲ

髪の毛を太く長く健康に育てていくためには、ビタミンやミネラルといった栄養素が必要不可欠です。
これらの栄養素は日々の食事から摂取しなければいけません。
しかし、不摂生な生活が続き食生活が乱れると、栄養をしっかり摂取することができず、頭皮や髪の毛に栄養が行き届かないため薄毛や抜け毛といった原因につながります。

睡眠不足・ストレスハゲ

睡眠不足・ストレスハゲ

睡眠不足や日々のストレスが蓄積されると、自律神経やホルモンバランスを乱し、血管を収縮させてしまいます。
血管が細くなると頭皮や髪の毛に栄養を循環させることができないため、髪の毛が細くなったり、抜け毛の原因になります。

AGA(男性型脱毛症)ハゲ

AGA(男性型脱毛症)ハゲ

男性ホルモン(テストステロン)はヒゲや体毛といった男性を男らしくするために必要なホルモンです。
しかし、その男性ホルモンが過剰分泌するとAGA(男性型脱毛症)という男性特有の髪の病気を発症させます。
AGAは前触れなく突然発症するため、多くの若年層の薄毛原因にもあります。
AGAの特徴として生え際の後退や頭頂部の抜け毛が増加します。

遺伝ハゲ

遺伝ハゲ

薄毛の遺伝子(正確には男性ホルモンの分泌量が遺伝します)は、母方の祖父から隔世遺伝します。
つまり、母親のおじいちゃんが薄毛だと孫である男性も薄毛になりやすい体質を持っている可能性が高いのです。

若ハゲ人口も増加

若ハゲ人口も増加

以前であれば薄毛は、主に加齢が原因とされていました。
しかし最近は生活習慣の乱れから突然AGAを発症。
今までなんともなかったのにいきなり抜け毛が増加すると男性が急激に増加しています。
そのため「自分は若いし薄毛の悩みとは無縁だろう」と考える10代、20代の男性による若ハゲの悩みが増えています。
決して他人事とは考えずに、真剣に薄毛問題と向き合い早い段階から、しっかりとした予防を行うかが将来を左右します。

次のページ「ハゲ対策・治療方法」