f1bd403654260e23898ee65be398ca28_l

突然の円形脱毛症に困惑!原因や治療法について


 

円形脱毛症をご存知ですか?

円形脱毛症は年齢、性別には関係なく誰にでも起こりうるのものです。

今回は円形脱毛症の原因や症状、

治療法について科学的にお話していきます。

 

誰にでも引き起る可能性

cd582610d8d0f9de4d939b933872eb77_s

円形脱毛症は、500円玉サイズの円形の脱毛が突然起こることが特徴です。

日本の人口1、2%程度に発症すると言われています。

これは何も男性に限ったことではありません。

性別や年齢といった要因に関係なく発症し、

特に若年層(15歳以下)が円形脱毛症の25%を占めています。

 

症状の種類

eb91a500c03dcfb1fa2e6bc19d3ec547_s

単発型

円形脱毛症の中でも最も多いものが単発型です。

通常500円玉サイズの脱毛が1ヵ所~数か所の範囲で起こります。

こちらは、頭だけでなく、眉毛、ヒゲ、

すね毛等にも起こる可能性があります。

多発型

単発型の脱毛を何度も繰り返す症状です。

脱毛状態が3年以上継続する場合、

治療の可能性が低くなってきます。

蛇行型

後頭部や側頭部の髪の生え際に、帯状に繋がって脱毛します。

かなり特殊な症例のため円形脱毛症の中でも、

発生頻度は1.4%前後程しかありません。

症例が少ない為有効な治療法が見つかっていないのが現状です。

全頭型

多発型が頭部全体にまで広がり、

全体の髪が抜け落ちてしまう症状です。

回復がとても難しいため、治療が長期化することが多いです。

汎発型

頭だけでなく、眉毛やヒゲといった身体全身に症状が現れます。

 

円形脱毛症の原因

15e2b5e88a100fc06de3317ecb1a22da_s

円形脱毛症の原因は、内分泌生涯、自己免疫疾患、

自律神経障害、毛周期の異常、といった要因がありますが、

十分に科学的根拠が示されているわけではないのが現状です。

よって現在は自己免疫疾患を原因として考えることが、

一般的となっています。

自己免疫疾患とは、

ウイルスや細菌といった外的要因から、

自分の身体を守るための役割を持ちます。

自己免疫作用を持つリンパ球が、

成長期の毛包や誤って破壊するため、

毛包が収縮し円形脱毛が起こると考えられています。

しかし、なぜこのような異常が引き起るかは、

依然として明らかにされていません。

よくストレスで円形脱毛症が引き起ると言われていますが、

原因が明らかにされていない現在は、

原因でなく要因ではないかという考えもあります。

 

円形脱毛症の治療方法

0556261d0b052972513790f9ae4e3413_s

円形脱毛の数や範囲が少ない場合は自然治癒することが多く、

自身で気づかない間に治っている場合もあります。

しかし、多発型、蛇行型、全頭型、汎発型といった、

広範囲や複数回脱毛症状が起こっている場合は、

早期治療が必要です。

ステロイド

単発型、多発型の円形脱毛の初期段階では、

炎症を抑えるためステロイド薬の内服、注射や塗布が行われます。

ステロイドパルス

症状が重い方に対しステロイドの点滴を投与する治療法です。

局所免疫療法(SADBE療法/DPCP療法)

かぶれを起こす物質を塗り、

人工的に皮膚に軽い炎症を引き起こさせ、

自己免疫の破壊対象を変える治療法です。

線偏光近赤外線照射療法

赤外線を脱毛ヵ所に照射することで、

発毛回復期間の短縮の期待できます。

 

注意点

078c1f05284a057394976db731de5428_s

円形脱毛症はまだまだ原因や治療法に不明瞭な箇所が多い為、

民間療法を行うことで症状が悪化や副作用が起こる可能性もあり、

控えることをオススメします。

 

おわりに

円形脱毛症を発見した場合、焦らず専門の病院へ受診してください。

早めの治療が早期回復のカギとなっています。

そして日常生活の健康を心掛けることで予防にもつながります。

参照元:日本皮膚科学会円形脱毛症診療ガイドライン2010

オトコラボ-OTOKOLAB-