1f3477d2fa78b3e1879462ef57d1c638_l

くせ毛は薄毛になりやすいって本当?


 

オトコラボに寄せられたご相談内容より、

“僕は昔からくせっ毛なんですが、

くせ毛はハゲやすいと言いますが、本当なんですか?”

今回はこの質問をについて医学的に解説していきます。

 

くせ毛は大きくわけて2種類

3a48f8f8da2b75211678ce6795bffbaa_s

くせ毛になるかは、

髪の形状、つまり毛根の形に関連があると言われており、

毛根が頭皮の中で、歪むことでくせ毛になります。

くせ毛は大きく分けて2種類。

生まれつきくせ毛の先天性なものと、

大人になるにつれてくせ毛になった後天性なものです。

 

くせ毛の人は薄毛になるの?

00b6461f9004e58ec31152c419700b36_s

くせ毛が薄毛になるというデータは存在しません。

男性の薄毛は、

男性ホルモンが毛根に作用し、

髪の成長を阻害するため薄毛になります。

これはくせ毛、直毛、剛毛は関係なく可能性は全て同一です。

よって、くせ毛の人が薄毛になるという情報は半分嘘になります。

半分嘘とはどういうこと?と思いますが、

それは先天性のくせ毛の場合です。

後天性のくせ毛の場合薄毛になる可能性があります。

それはなぜでしょうか?

 

後天性のくせ毛は薄毛になる

d2508ee0dd000a2ba52609ac099fed43_s

生まれたときはくせ毛ではなかったのに、

大人に成長するといつの間にかくせ毛になっている、

いわゆる後天性の方は薄毛になる可能性が高いです。

一般的に人の髪の毛はある程度はゆがんでおり、

髪が太いとゆがみの影響を受けないため、

髪がまっすぐな状態のままです。

後天性のくせ毛は栄養不足等の原因により、

髪の毛が細くなることでゆがみの影響を受けてくせ毛になります。

つまり、後天性なくせ毛は髪が細くなった証拠でもあります。

髪の成長が男性ホルモンに阻害されており、

髪の毛が十分に太く成長することができないため、

髪が細くなっている可能性が高く、

この状態を放置し続けると男性ホルモンが強まり、

AGA(男性型脱毛症)の原因を招く恐れもあります。

 

日々の対策で髪を健康に保つ

ba655071d5d697d756f30480a7dc54c5_s

後天性なくせ毛を避けるためには、

日常生活の食事や軽度な運動、ストレスをためないこと、

十分な睡眠を心掛けることで、

しっかりと太い髪の毛を保ち、作るとができます。

そのため日頃から気を付けていれば問題はありません。

それでも心配、すでにくせ毛だという方は、

市販の育毛剤や専門の病院を一度受診、

今後の対策を考えることをオススメします。

 

おわりに

先天性のくせ毛で基本的に薄毛になることはありませんが、

後天性のくせ毛には注意が必要ですね。

どちらにせよ薄毛の原因は様々です、

早めの対策が薄毛にならないためのカギとなっています。

オトコラボ-OTOKOLAB-

参照元:くせ毛で髪が細い人はハゲやすい?