e1580f9e1fa70672e1b02070afe83747_l

【医師が本音を語る】包茎手術のトラブルについて~悪質な男性クリニック4つの特徴~


先日6月23日のYahooニュースでこんな記事がありましたね。

参照元:Yahooニュース
包茎手術でトラブル続発 高額施術・大量出血・壊死…

包茎手術をしようか悩んでいる人、

これから包茎手術を控えている人にとっては、

大きな不安になりますよね。

悪質なクリニックで被害を受けないために、

現場で働く医師Dさんに取材しました。

 

今回のニュースに関して医師の見解は?

取材陣)今回のニュースで包茎手術に関して多くの意見がオトコラボにも寄せられていますが、実際悪質なクリニックはなぜ存在するのでしょうか?

医師D)通常のクリニックを開業するためには、莫大な費用が必要ですが、包茎クリニックの場合比較的に少額で開業することが可能です。
さらに自由診療のため医師が自由に値段を設定できるため、そこに悪質なクリニックができる理由の1つがあります。

医師D)安い費用で手軽に治療が受けれると思い、相談にくると不安を煽られ、いつのまにか莫大な費用の施術をローンを組んで受けるということです。
男性は極限まで悩む方が多い為ちょっとした不安でも「手術しないとまずい」と感じてしまうんです。

取材陣)そんなことをいつまでもしていれば、時間が経ち冷静になったら今回のニュースの様に訴えが起こるんじゃないですか?

医師D)そこが悪質なクリニックを生むもう1つのポイントです。
社会では「包茎」のイメージはとても悪いです。
患者さんは誰にも言えないコンプレックスを高額費用を支払い、治療しているため、悪質な行為に気づいても「あのクリニックで包茎手術したんだけど騙されました」とは言えないんです。

取材陣)まさに人の弱みに付け込んだ悪質な手口ですね。でも、全ての包茎クリニックが悪質というわけではないですよね?

医師D)その通りです。まずは悪質なクリニックの特徴をしっかり知ることが大切なんです。

今回の取材で医師が語る悪質なクリニックの特徴を以下にまとめました。

 

悪質なクリニックとは?4つの特徴

①医師の給料に見合わない治療費

自由診療で極端に治療費が安いクリニックは怪しいかもしれません。

なぜなら医師の1日の給料は10万~です。

給料に見合わない金額を提示するということは、

他の治療で費用を取ろうとしている可能性があります。

悪質なクリニックの場合、当初の治療費以外に、

施術で使用する糸や縫う箇所を変える、

特に多いのが無意味な増強を推奨したりと、

気づいたら費用が増していくのが典型的なパターンですね。

今の自分に必要なものは何かをしっかり持って、

少しでも疑問を感じたら質問、そしてじっくり検討した方がいいですね。

②不安を煽る営業色

「自信がでますよ」「女性にモテます」

「女性も満足します」「一生に一度だから」「このままだと病気に」

といった不安を煽り

さらに専門用語を交えながら言葉巧みに治療を推奨してきます。

事前知識がない患者さんにとっては、

それだけで「え?今すぐやらないとまずいのかな?」と、

ついつい治療を決めてしまいます。

営業色が強かったり、不安を煽ってきたりしたら注意が必要です。

③有名なら問題ない!という誤った認識

悪徳なクリニックは莫大なお金を持っています。

さらにお金を増やそうとインターネット、雑誌、

テレビと広告宣伝を大量に行っており、いざ包茎治療を考えた時に、

「あ!ここは有名だから問題ないよね!」と考えるかもしれません。

確かに開院歴が長く治療実績が豊富なクリニックは、

安心なところが多いです。

ですが全てのクリニックが良質というわけでないために、

カウンセリングなど受け、

その場の勢いで治療するのはあまり推奨できません。

④執刀する医師が違う

昔ある有名なクリニックであった事故です。

実際に包茎手術するとき、

聞いていた担当医と違う医師が手術を行い、

患者さんも気づかないで手術が進んでいくと、

誤って執刀の際に亀頭部分を切り落としてしまった。

という悲惨な医療事故がありました。

これは経験不足の医師が執刀を行ってしまった際に起こった事故で、

こんな事態を避けるためにも、

事前に担当医が誰なのかをはっきり聞いた方がいいです。
良質なクリニック選びのポイントを医師が教える

おわりに

今回、現場で働く医師に匿名でインタビューさせて頂きました。

必ずしも全ての包茎クリニックが悪質なわけではありません。

良質なクリニックを見極めることで、

誰もが後悔しない治療を受けることができます。

オトコラボ-OTOKOLAB-