4ae0d9aafa2c0b18c8c8705ed973c0ad_s

あの食材にも含まれる亜鉛で精力アップ!


 

こんにちは、オトコラボ編集部です。

みなさん「亜鉛」についてどれくらいご存じでしょうか?

男にとって亜鉛は食材に眠る精力剤であり、

男の魅力を高めてくれる成分なのです。

そんな亜鉛のすごいところを一挙ご紹介!

 

亜鉛とは?

亜鉛は、身体を作る上で重要な元素です。

生命維持に必要な16種類の必須ミネラルの1つであり、

主に生殖機能を高める働きや、

細胞分裂の際に必要な成分と言われています。

 

身体を作る亜鉛の効果

魅力的な効果の多い亜鉛ですが、

実際の亜鉛にはどのような効果があるのでしょうか?

・精子の生成

精子の質・量・運動量を高め、妊活の大きな手助けになります。

・髪に必要なケラチンタンパク質に再構成

髪が太く、強くい、しっかりとした髪が生えてくるので、

AGAや抜け毛予防になります。

・細胞分裂と新陳代謝の促進

新しい細胞がつくられる際のDNAの複製や、

たんぱく質の合成に欠かせない物質になります。

・胎児の健康的な成長

発育の際の細胞分裂に、母体の亜鉛を大量に使います。

・二日酔いを防ぐ

肝臓でアルコールを分解する酵素が働くためには、

亜鉛が不可欠なのです。

・味覚の保持

味覚を感じる舌の「味蕾(みらい)」の細胞分裂が行われないと細胞の生まれ変わりができず、味覚障害になります。

他にも様々な効果が見られますが、基本的には身体の組織、人間の成長にとって、多くの働きをします。


亜鉛を含む食材

亜鉛を多く含む食材は以下の通りです。

牡蠣、牛肉,鶏肉,豚肉,卵,ごま,ココア,のり,ワカメ,

昆布,カニ,スルメ,白米,納豆,ブロッコリー,レバーなど。

特に牡蠣には多くの亜鉛が含まれており、

多くのサプリメントが牡蠣に含まれている亜鉛を使っています。

しかし、牡蠣をオールシーズンで食べることは難しいです。

故に、日常的に食べられるおすすめ食材としては、のりが挙げられます。

日本人には慣れ親しまれている食材ですし、習慣化するにはうってつけですね。

最近では、食品添加物の中に含まれる成分によって亜鉛の吸収を抑制し、吸収されないまま体外に排出されてしまうこともあります。

そのため健康的な食事管理でバランスの良い栄養摂取が望ましいといえるでしょう。

身体に良いからといって摂取しすぎると・・・

1日100mg以上の摂取量を長期的に続けた場合、嘔吐,吐き気,脱水症状,発熱,倦怠感などの副作用,過剰症の危険があります。

経口摂取で1日50mgを1週間以上続けると嘔吐,イライラ,不安感などの副作用が発症しやすくなるというデータがあります。

ちなみに、亜鉛の摂取推奨量は18~69歳の男性で1日9mgです。

 

おわりに

亜鉛の効果範囲の広さには驚かされます。

健康維持をしたい方、男としての自信を取り戻したい方、

一度亜鉛を服用してみてもいいかもしれませんね

参照元:
サプリメントラボ

オトコラボ-OTOKOLAB-