941f4da3d1e3f78e98706a98db0be0ce_l

飲み続けると死ぬ!?エナジードリンクの危険性


 

皆さんはなんか眠いとき、

元気がでないとき、

もしかして、エナジードリンクを飲んでませんか?

コンビニで簡単に買えて美味しいので毎日でも飲めちゃいますよね。

・・・って、ちょっと待ってください!

エナジードリンクが原因で病院に搬送される報告が年々増えています。

自分や周りの大切な人にずっと健康でいて欲しいからこそ、

今回はそんなエナジードリンクの危険性についてのお話していきます。

 

エナジードリンクが原因で病院に運ばれる

アメリカでは2011年に心臓の不整脈で14歳の少女が死亡しています。

日本でも同様のニュースが相次ぎ、

2015年12月に九州地方の20代男性が死亡しました。

いずれも原因はカフェイン中毒であり、

日頃からエナジードリンクを愛用していたことが確認されています。

実は日本では、このような報告が毎年10数件以上起きています。

 

エナジードリンクがなぜ悪影響を?

エナジードリンクに含まれているカフェインには、

集中力を高めたり、眠いときなど目を覚ませる効果があります。

ですが、これは適切な量を摂取してあらわれる効果です。

エナジードリンクを過剰に摂取することで起きる、

カフェインの副作用として、

急性中毒と慢性中毒の可能性があります。

急性中毒の症状

・心拍数の増加

・不整脈

・動悸

・血流増大

・呼吸困難

・嘔吐

・精神錯乱

・幻覚、幻聴

慢性中毒

・神経過敏

・睡眠障害

・頻尿

・頻脈

エナジードリンクによって、いずれの症状が起こる危険性があります。

 

エナジードリンクの適量はどのくらい?

飲むことは悪いことではありません。

飲みすぎるのが悪いだけなんです。

では、どのくらいの量なら大丈夫なのでしょうか?

実は日本にはカフェインの安全な摂取量の基準はありません。

なので今回は、

カナダ保険局で提示されている1日の摂取量を基準に説明します。

カナダでは、

成人の1日に摂取するカフェインの量は400 mgとなっています。

日本では販売されるエナジードリンクに含まれるカフェインの量は、

少なくても80 mg

多いものだと300 mgを超えるものもあります。

この時点で安全摂取量の70%以上も摂取することになります。

これは危ないですね・・・。

目安としては1日1本ぐらいにしておきましょう。

 

その他のカフェインの含まれる飲み物は?

カフェインはエナジードリンク以外の飲み物にも含まれています。

・コーヒー1本 135 mg

・緑茶1本 30 mg

・紅茶1本 40 mg

・コーラ1本 45 mg

こう見るとエナジードリンクのすごさがわかりますね。

 

おわりに

疲れたから、

眠いからといって飲みすぎるのは、

身体を考えるとオススメできません。

たまに飲むぐらいなら問題はないですが、

何事もほどほどということです。

身近なものにはまだまだ身体に悪いものはあります。

皆さんも日頃の健康には充分な気つけてくださいね。






参照元:
「エナジードリンク」飲み過ぎでカフェイン中毒死 コーヒーやお茶は毎日飲んでも大丈夫?
オトコラボ-OTOKOLAB-